PROFILE

PROFILEイメージ
見えない山を登っている全ての人たちへ

冒険の世界だけが特別な世界ではない。人は誰もが冒険し、見えない山を登っている。
見えない山を登っている全ての人達と冒険を共有し、夢を否定しないで自分の中にあるエベレストに
一歩踏み出す人を増やすこと。それが、僕の冒険であり、自分の山です。
栗城史多

PROFILE TITLE
 1982年6月9日、北海道生まれ。大学山岳部に入部後、大学3年生の時に単独で北米最高峰マッキンリー6194mを登る。その後、6大陸の最高峰を登頂。
 大学卒業後、2007年のチョ・オユー(8201m)から動画配信を始める。2008年マナスル(8163m)では、山頂直下からのスキー滑降。同年からエベレストの生中継登山「冒険の共有」に向けた配信プロジェクトを立ち上げる。2009年ダウラギリ(8167m)の6500m地点からのインターネット中継と登頂に成功。エベレストには登山隊の多い春ではなく、気象条件の厳しい秋季に4度挑戦。
 酸素ボンベを使用せず、ベースキャンプから一人で登る単独・無酸素登山と、「冒険の共有」という新しい冒険の道を突き進んでいる。現在は、2012年に負った手の指の凍傷の治療をしながら、ヒマラヤへの復帰を目指している。



HISTORY TITLE
2004年6月
マッキンリー6194m単独登頂
2005年1月
アコンカグア6959m(ポーランド氷河ルート)単独登頂
2005年6月
エルブルース5642m単独登頂
2005年10月
キリマンジャロ5895m単独登頂
2006年10月
カルステンツ ピラミッド4884m単独登頂
2007年5月
チョ・オユー8201m単独・無酸素登頂
7500m地点からスキー滑降
2007年12月
ビンソンマシフ4892m単独登頂
2008年10月
マナスル8163m単独・無酸素登頂
山頂直下からスキー滑降
2009年5月
ダウラギリ8167m単独・無酸素登頂
6500m地点から生中継に成功。
6500m地点からスキー滑降
2009年9月
エベレスト北側8848m・メスナールート
7950m地点まで
2010年5月
アンナプルナ8091m 7700m地点まで
2010年10月
エベレスト8848m 7550m地点まで
2011年5月
シシャパンマ南西壁8027m 7600m地点まで
2011年10月
エベレスト8848m サウスクロワールルート7800m地点まで
2012年6月
シシャパンマ南西壁8027m
6500m付近から滑落したが生還
2012年10月
エベレスト8848m
西陵ホーンバインクーロワール8070m地点まで
イメージ1

2011年 シシャパンマ南西壁

イメージ2

2008年 マナスル スキー滑降

イメージ3

2011年 秋季エベレスト インターネット生中継


栗城史多 単独の定義について
ベースキャンプから一人で登ることを単独としている。無線を使用しないことや同ルートに他の登山隊がいないことなどの議論もあるが、近代のヒマラヤ登山ではバリエーションルート以外では他の登山隊がいることもあり、ルート上に全く他の登山隊がいないことを目指すのは難しい。また、通信機器(無線 衛星電話)は天気情報を得るために重要である。それでも秋季のエベレストなど、登山隊の少ない時期を選んでいる。

栗城史多 無酸素の定義について
8000m以上の高峰に酸素ボンベを使用しないで登ることを無酸素登山と呼ぶが、8500m以上を無酸素と呼ぶ意見もある。しかし8000m峰での高所登山では、酸素ボンベを使用する人の方が多い。

注意:栗城の姿を遠くから撮影するために、エベレストでは6400m地点までカメラマンと彼らをサポートするためのシェルパが上がっているが、栗城とは別行動としている。